新興建設株式会社

システム建築

HOME > 事業案内 > システム建築

システム建築とは

 システム建築とは、建築を構成する部材を標準化することによって、建築生産トータルをシステム化し、商品化した建築物のことです。
前もって準備された部材そのものの寸法・形状や、他の部材とのディテールがあらかじめ決定し、統一することで、「部材を標準化」させ「短工期」・「低価格」・「高品質」・「大空間」実現しております。

システム建築のメリット

 当社は、システム建築のトップメーカーである横河システム建築が、システム建築のコンセプトを独自の技術で構築し、日本で唯一の「システム建築専用工場 横河システム建築千葉工場」で製造されるシステム建築を採用しております。
 
建物の構成要素となる「鉄骨」・「屋根」・「外壁」・「建具」等に関する部材ディテールや配置を徹底した標準化と軽量化を図ることにより、「短工期」・「低価格」・「高品質」・「大空間」が可能となりました。

商品ラインナップ


平屋の建物を「一刻も早く、より安く建てたい」と言う、お客様のご希望にお応えする最もローコストで短納期を実現したスタンダードな商品です。 予め、外装材のモジュールで最も経済的な寸法で規格化された建物幅(スパン)と建物長さの中から最適な組合せをお選びいただけます。
最大寸法は、建物幅(スパン)30.6m以下、建物長さ60.4m以下まで。
「スーパーラピッド」は、「スーパーラピッドシリーズ」として、多雪地域用や天井走行クレーン(低格荷重4.8トンまで)を標準装備した商品もご用意しています。
最適建物規模 500㎡(150坪) ~1,800㎡(560坪)



スーパーラピッドシリーズ」の建物幅と建物長さの寸法を一部自由に設定することができ、さらに建物幅(スパン)は、最大45mまでの無柱空間をご計画いただける商品です。 スーパーラピッドのメリットと建物計画の自由度をバランス良く両立した理想的なシステム建築です。 最適建物規模 210㎡(63坪) ~3,690㎡(1,100坪)




平屋で小規模な建物に最適な規格型商品です。 建築面積 80~800㎡までの工場や倉庫・事務所向けに、建具・開口・庇等のアクセサリーも含めた規格化によって、高いコストパフォーマンスと最短納期を実現した商品です。 最適建物規模 80㎡(24坪)~800㎡(240坪)




「ラピッドハウス」は、「スペースMAX」のうち、奥行きが12mを超えた範囲において、建物の規模を72タイプに限定し、シャッター等の建具の配置までを完全規格化した商品です。 図書省略認定を取得したことにより、構造適合判定が不要となるため、確認申請期間の短縮が可能です。また、商品の形状(軒高、奥行き、建物長さ)を型番で表記することにより、型番注文ができ、見積りから設計、加工に至るまで迅速で確実な対応ができる究極の工業化製品といえます。なお、ラピッドハウスに適応しない建物はスペースMAXにて対応いたします。 最適建物規模 120㎡(36坪~380㎡(115坪)




従来のシステム建築の概念を打ち破り、建物寸法を1mm単位で設定することが可能です。 ファサード、パラペット、部分2階、異種外壁など、お客様の多種多様なご要望にも対応できる オーダーメード型のシステム建築です。 最適建物規模 1,000㎡(300坪)以上~




総2階建の工場、倉庫、事務所向けのオーダーメイド型のシステム建築です。 用途や規模に応じて、yess建築の基本構成と在来建築を組合せることで、最適な2階建システム建築をご提案できます。 最適建物規模 1,000㎡(300坪)以上 ~ 部分2階または総2階建てまで




上記に関してさらに詳しく知りたい方はこちらからどうぞ→ 横河システム建築メーカーサイト

PAGE TOP